ハードカバー糸綴じノートの仕様詳細

ハードカバー糸綴じノートの仕様について

表紙をデザイン

イラストやロゴ、写真を入れたり自由にデザインできます。
「表紙データ作成用テンプレート」(Illustrator形式)をご利用ください。


表紙素材

オリジナル印刷を施していただく印刷用紙は「コート紙110kg」が標準です。


表紙印刷

カラー4色印刷が基本です。


表紙の加工を選ぶ

光沢のある「グロスPP加工」、落ち着いた質感の「マットPP加工」の2種類のPP加工の中からお選びください。


見返し素材

色上質紙の中からお好みの色をお選びください。厚さは「超厚口」が標準です。
>見返し素材サンプルはこちらからお問い合わせください

見返し素材色見本

本文素材、ページ数

本文素材は「上質紙70㎏」が標準です。おすすめ仕様を160ページとしましたが、80ページから16ページ刻みでページ数をご指定いただけます。(つまり80、96、112、128、144・・・ということです。)
>お問い合わせはこちら


本文オリジナル印刷

ご用意しております本文柄は6.5mm罫ですが、「本文オリジナル印刷」を利用すれば、表紙だけでなく本文もオリジナルが可能です。
>お問い合わせはこちら


スピン加工

スピンはしおり紐のことです。ハードカバーノートに糊付けされているため、持ち運びや開閉の際に抜け落ちてしまう心配もありません。
>お問い合わせはこちら


ゴムバンド加工


ゴムバンド加工はハードカバーノートの裏表紙に専用のゴムバンドを付ける加工です。書類を挟んで使うこともできます。
※おすすめ仕様には入っていませんがご希望に応じてお見積り可能です。
>お問い合わせはこちら


角丸加工

角丸加工はノートの角を丸くすることです。全体がやわらかい感じになるのはもちろん、角の部分も長くきれいに保てます。
※おすすめ仕様には入っていませんがご希望に応じてお見積り可能です。
>お問い合わせはこちら