角丸加工

角丸加工

印刷物の角をクレジットカードのように丸く切り落としアールをつける加工のことです。角丸の形状=R(半径)は3mmと5mmから選べます。
ノート全体の見た目が、ソフトでやさしい印象になります。使っていくうちに角が折れるのも防ぐことができてきれいさも長持ちします。
表紙が厚い板紙でできたノートも角を丸くカットして尖った部分を無くすことで製品の安全性を高めることができます。


 

角丸の「R(アール)」を作るのは、「カドマロイド」という機械です。
カドマロイドは、エアーシリンダーのクランプでしっかり押さえて刃が降りる仕組みをとっており、綺麗な仕上がりの角丸に加工できる機械です。
角丸のRは、3R(半径3ミリの円の4分の1の丸み)、5R(半径5ミリの円の4分の1の丸み)の2種類の形から選べます。

3Rとは

加工オプション一覧へ