ご利用ガイド

初めてのお客様へ

中綴じ?ハードカバー?よくわからない・・・
販売用だから、質の良いノートに仕上げたい
できるだけ価格を抑えてオリジナルノートを作りたい
デザイン作成ソフトが使えないから入稿用のデータなんて作れない
どんな仕立てにしたらいいのか、どんな紙を使えばいいのか相談したい

その疑問と不安、ぜひ私たちにご相談ください!

まるまるノートでは、専門知識と経験を備えたスタッフがお客様をしっかりとサポートし、必要に応じたオリジナルノートの提案をおこなっています。ノベルティとして販売促進用の力強いツールになるほか、アイディア次第で活用方法は様々。販売も可能なクオリティの高さが自慢です!ご自分で仕様を選ぶのが難しい場合、データの作成や入稿でお困りの際はお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

まるまるノート 3つのサポート

1専門スタッフの丁寧なサポート
オリジナルのノートをつくろう!と思ったあなたへ。
まるまるノートへお問い合わせをいただいたら、まずは専門スタッフがお客さまのイメージするノートの仕様や部数など、内容をお伺いします。もちろん、その際はご要望にそって、時には実際の仕上がりに近いものをお見せしたり、白紙の束見本(つかみほん※1)を作るなど、お客さまが具体的にできあがりをイメージできるようにする工夫もたっぷり。
また、まるまるノートには印刷工場ならではのノウハウもたくさんあります。これまでの多種多様な経験を活かし、例えば表紙や本文の紙質やおすすめの印刷・加工技術など、よいものをできるだけリーズナブルに作っていただけるよう、専門スタッフが丁寧にアドバイスします。オリジナルノートづくりの疑問・質問など、なんなりと私たちにお聞かせください。
お客さまにオリジナルノートづくりを楽しんでいただきたくために、専門スタッフが丁寧にサポートします。
2一貫生産ならおまかせ!設備でサポート
まるまるノートの特長は、なんといってもデータの作成から印刷、製本までを一貫して生産できること。特に印刷機械と製本機械は、協力先をふくめて複数動かせるので、お客様からのご注文を受けたあと、紙やインクなどの材料の準備ができ次第、すぐに製造へ移ることができるのです。
さらに、極少部数から大部数まで対応できる設備が充実しているのも大きなポイント。印刷はもちろんのこと、加工など幅広い工程に、最新のデジタル技術を応用した設備を採用しています。だから、一度はやってみたいという声の多い人気の加工、型抜き(抜き・ダイカット)や箔押しなども、従来のやりかたを効率化することで、工程を大幅カット。憧れの加工が、ぐっと試しやすくなっています。
まるまるノートは、これまでは難しかった小ロット生産と納期の短縮を実現してオリジナルノートをつくります。
3こつこつ、まじめな職人しごと。生産スタッフのサポート
お客さまのものづくりへかける想いをカタチにしたい。印刷業界に長く携わる私たちだからこそ、職人の厳しい目をクリアした高い品質のオリジナルノートをお作りできます。
まるまるノートは、高知のこじんまりした工場発。そこには、ベテランの職人がたくさん在籍していて、いわゆるOEM(※2)のかたちで長年紙業界からの仕事を手がけ、高い専門性を養ってきました。印刷の専門家として積み重ねてきた経験やノウハウがあるから、品質にこだわりながら、スピード感ある仕事ができる。印刷や加工を施すのは機械が行いますが、それをきっちり使いこなす職人の技があってこそ、こだわりのオリジナルノートが生まれるのです。
※1 束見本(つかみほん):冊子やノートなど、使用するものと同じ用紙やページ数で製本・制作された見本のこと。ページ数や厚さなどがより具体的にわかります。
※2 OEM(オーイーエム、Original Equipment Manufacturing):製造を発注した相手先のブランドで販売される製品を製造すること。Original Equipment Manufacturingの略。